芸事の至極

Atelier Harukiが一周年になることを記念して、以前からとてもやりたかったライブをお願いにお願いを重ねて開催させていただきました!その名も「芸事の至極」ご来場いただきましたお客様や出演して下さった出演者の皆様に感謝申し上げます。

本文の前に、少しフライヤーから変更がありまして「金の国」がお仕事でキャンセルになってしまった点。「まんがごはん」が「鬼塚ムソウ」のみの出演となってしまった点。「メメニー」が追加になった点。以上3点の変更、ご了承下さい。

まず言わせて下さい。一周年!!スタッフの大切さ!

まずは、本当に一周年!

私は少し芸能関係の仕事をしていたことがありますが、お笑いについてはただのいちファンでしかなかったですし、PAとして今や多くのライブを任されているももにしても初演の会場で初めて音響や照明の操作を教えていただき、そこでやったのが初で以降は独学でここまでになりました。現場スタッフのやる気に支えられて本当に人材に恵まれたことが今日まで続けることができた要因だと思っています。今やPAの仕事依頼も多く、「宮下草薙不定期ライブ」や「東村プロダクション事務所ライブ」のPAとしてもプロとして腕をふるっています。

一番最初に「コメディ★エンジェル」というライブを有観客で行ったときから現場スタッフとして立ち会ってくれているまゆちゃんは企画ライブを計画して自分がMCとして舞台に立つようにもなりました。途中から入ってくれたまやのちゃんは企画ライブを計画する傍ら、私たちでは見落としてしまう小さなことにも気づいてくれます。ふたりともお笑いが好きな女の子という共通点以外はスタッフも初心者だったというのに、初日からずっとやる気を持って、出演者がどんな人なのかを勉強してから現場入りしてくれたり、忙しい合間を縫ってたくさんの仕事を受け持ってくれています。

放送作家のハジメちゃんやすぎナリさんも企画案を出してくれたり、台本を作ってくれたり、意見交換をしながら求めているものを作ってくれる安心感があります。現場には来ないスタッフも多いですがそれぞれがそれぞれの仕事(編集や経理など)を全うしてくれています。

代表に私の名前を掲げていますが、私ひとりでは本当に無力で、準備や計画はひとりでもできますが当日はみんながいないとどうにもなりません。ひとりでは生きていけないを痛感させられるほど大切な存在です。

どんな運命の悪戯か、私と出会ってくれてありがとうございます。一緒に頑張ってくれてありがとうございます。きっと嫌なこともあるだろうしつらいこともあったと思うけどここまで一緒にこられて嬉しいです。

でも、されど一年。ここから先長く一緒にやっていけるよう、これからも頑張ります。

そして、スタッフといえば私たちだけではなく、施設のスタッフの皆様にも感謝しております。今まで多くの会場を利用させていただきましたが、どの施設もスタッフの方があってこそ利用できます。ご迷惑をお掛けしたり、粗相があったかもしれません。それでもご縁がいただけて利用させていただいたことが私たちの経験になっています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

第一弾は「芸事の至極」

私のなかでスーパー芸達者で好きな人をとにかく誘ってみる。というのが最初のmission!

そのために競争率の高い土日祝は避けました。それくらいお誘いしたかったと思っていただいていいでしょう。それくらいお誘いしたかった。一緒に舞台を作りたかったのです!!

一周年だし、ここからご縁がいただけるかもしれないし、本気で無茶なお願いをしようと思っていました。お断りされたとしてもいいからとにかく、お誘いしなかったことの後悔を残さないように声を掛けさせていただきました。結構無茶なお願いをしたと思っています。

正直、勝率は50%あればマシかなというくらい、知名度的にも内容的にもAtelier Harukiにはまだまだ初心者だしと難色を示されてもおかしくないつもりでお願いした結果、全部オファーが通ってしまいました(嬉しい悲鳴です!!)結果的にお仕事の都合でキャンセルや告知前に辞退等はあったのですが、それはこの世界あるあるでお互い様ですのでまったく気にしておりません。寧ろご検討いただけるだけで奇跡!すごくないですか!!っていう気持ち。それだけです!(何がすごいのかは世界線で異なると思いますが私は自分のオファーが全部通るということにすでに悦です)

その結果「いつもAtelier Harukiのライブに出てるのに呼ばれてない!」と常連組に言われてしまう嬉しい悲鳴。第二弾もやるので!ということにしておきます。

多くの素晴らしい芸人さんが出演して下さいましたので個別の感想は割愛させていただきますが、総勢33組。3分ネタと15秒ネタで楽しく笑っていただけていれば幸いです。

香盤は私が独断と偏見で決めました。上手く組み合わさっているといいのですが、諸々の概念を捨ててあの香盤です。「四天王」にはずっとなんでトリなのかってずーっと言われてました。意地でも変えなかったのですが皆様はどうでしたか?「竹内ズ」と「スタンダップコーギー」にいろんな意味でドギマギしましたが「幸せのトナリ」や「ジョウダンアオナナテンパイ」には癒されたでしょう?キリがないけど「TCクラクション」「青色1号」やっとご縁があって嬉しいです!!!

今、ネタバトルライブ「スパークル」も協賛しているおかげで毎日のように人のネタを見るのですが、やっぱり空間を使いこなせる人ってすごいんですよね。江戸東京博物館のこの小ホールの空間をきっちり使いこなせる人が多くてこの会場でよかったなとすごく思っています。

私の推し枠

すごく豪華なメンバーのなか、最初にヒロ・オクムラさんから案内があった通り、ベテランから強ネタ芸達者からAtelier Harukiの推し若手まで揃ったライブでした!

私の推し枠は「ジュノン」です!以前にも記事にさせていただいていますが、これから絶対に強くなっていくので成長を見守ってあげてほしいです。そして、私も見守りたいです!バランスのいいふたりで真面目です。今回も最初から来てずっと先輩たちのネタを見ていました。我が子のように可愛いです。いろいろなライブに出ているのでぜひ注目して下さい!

他にもいつメンの「いわきり新習慣」さん。ちょっと久しぶりの「女将」やみんな大好き「シマウマフック」などなど。全員結局推し枠なんですが…!これからまた4月になると芸歴1年目の子たちがたくさん出てくると思うので、「ジュノン」をぜひぜひよろしくお願いいたします!!(目線はもうただただお母さん)

未知数ぶりです!

この規模のライブって主催ライブだけなら未知数ぶりです!

というわけで、ほぼ未知数ぶりです!の出演者がたくさんいました。「マントフフ」「みたらし祭り」「忘れる。」はほとんど未知数ぶりです!!泣きそう。泣きました。

勝手に出演者のことって大切に思っていて、会わなくてもTwitterやYouTubeで見ているので、会えたときの嬉しさったらない!いろいろな事情で未知数は終了したのですが、これでまた再熱しちゃいましたね…。やりたいです!!

本当はもっとトーク等ができる時間を設けられたらよかったのですが、2時間程度のライブで出演者の数をもう少し減らした余裕のある状態を2公演とかで時々公演組めたらなあ…。

まだ一年だよ!

とは言っても、まだ一年です。

ベクトル的な問題で、正直「売れてる人がいっぱい出てくれたらいい!」とか「稼ぐためにエントリーフィー取ろう!」とか「こんな会場でライブやってるぜ!すごいだろ!」とかが全然ないので何が正しいのかわかりませんが、一年やっていて思ったことは「楽しいが一番」ということです。

まずはスタッフがやりたくない仕事は請け負わない。安請け合いをしない。というのは一年でよく思うことがありました。何でもいいよではなく、嫌なことは嫌って言わないといけないな、とか、人を軽々しく信用してはいけないとか、学ぶことも多かったです。そのなかで、スタッフがやりたいことだけやるというのは貫きにくいことだけれども、大切だとも思いました。

その次に、やりたいことに出演者が賛同してくれるかどうか、があります。以前「出るライブは自分で決めるから」と出演者にいい意味で言われたことがあります。だから内容を聞いて、やりたくないと思ったり迷うなら断ってくれていいと思っています。あれこれ文句を言われるのは私たちも嫌なので、やりたいことにだけ参加してもらえればいいと思っています。

最後に、お客様が楽しんでくれるかどうか。ファン目線でライブを作ることを目標にしているので、とにかく企画ライブが多い。その内容によってはお客様の反応も異なることでしょう。だからこそ、ネタライブにない良さは出せるのでご来場いただくライブは楽しんでいただきたいと思っています。そこが喜んでもらえるものだったときは心底嬉しいです。

全体を通して一年で感じる体感として、「芸事の至極」は最高に楽しかったです!

次にこれを繋げていくために何ができるのか、どんなことをすれば賛同を得られるのか、も考えながら好きなことをたくさんやっていければいいなと思っています。

まだ一年だよ!

まだまだ新参者だよ!

正直、「ナメラレテル」と思うときもありますが、それも今の自分たちなのだと思います。もっとたくさんいいもの作るぞ!!という気持ちで前進していこうと思います。

これからも皆様とともに歩んでいけますように。またぜひともご来場下さいませ!本日はありがとうございました。

コメントを残す